酵素を多く含む野菜とは?

酵素を含む野菜を生で食べる事により体内に酵素を補うことができます。理由は、酵素は生野菜に多く含まれているからです

 

酵素を多く含む野菜として、主なものは、レタス、きゅうり、トマト、ニンジン、キャベツなどがあります。これらを食べる上で大事なのは、生の状態で食べるという事です。

 

酵素は野菜が熱せられると壊れてしまいます。熱にとても弱いものです。ですので、生で食べたり、すりおろしたり、ジュースにしたりすることで酵素を破壊せずに摂取することができます。すりおろすことで、野菜や果物の細胞膜が破れ、中にある酵素がさらに溢れ出て、活性化します。そのままカットして食べるよりも、より多くの酵素を摂取することができます。すりおろしたてをすぐに食べるのが、効率的に体内に取り入れる方法です。

 

注意点として、酵素は新鮮な状態で摂取しなければ、その働きもなくなってしまいます。

 

野菜以外の酵素を多く含む食品

 

野菜以外の酵素を多く含む食品は、りんご、バナナ、キウイなどがあります。それらは、酵素を多く含む食品です。また、他にも納豆、味噌、キムチ、醤油などにも酵素が豊富に含まれています。しかし、フルーツは多くの糖分を含んでいます。過剰に摂取すると糖分を普段より多く摂取してしまいます。また、味噌や醤油は塩分が高いので、過剰に摂取しない様にしましょう。

page top